ご挨拶

いつまでもあなたを癒せる存在でいたい・・・。

2012年10月、当店はめでたく5周年を迎えさせていただきました。ひとえにリピーター様の一方ならぬご支援のお陰でございます。スタッフ一同心より感謝申し上げます。

こうして過ぎ去った一年を振り返りながら周年のご挨拶を綴るのも、今回でもう5回目ということになるわけですが、5周年というまた大きな節目を何とも不思議な感覚で迎えているのが正直なところです。

少し前から周年の準備が始まり、その中でこの一年を振り返りながら感じていたのは、禅が進むべき道、目指す終着点はどこなのか、そのことに疑問が湧き、何となく迷走していたのではないかと。

『私たちができることは、癒しをお届けすること。』

これは昨年、東日本大震災という大きな悲しみとともに気が付いた禅の使命。もちろんお客様から「癒されたよ、ありがとう。」と言っていただけることもあります。また、5周年を迎えられること自体は、禅をご支援いただいております皆様の存在があってこそですが、たかが5年、されど5年・・。確かにこれまでに積み上げてきたものもあり、禅はマッサージ店として、良くも悪しくも安定した営業をさせていただいるのも事実です。

しかし、何かが足りない・・。もちろん営業利益も満足なものではありませんが、そうではない何かが足りない・・。しばらく悩み続けた果てに出した答えは汗水垂らして必死に走り続けるがむしゃらさや、騒がしいぐらいの活気。そんな青臭いものが足りないのではないか。ということ。

例えば「癒し」と「賑やかな雰囲気」は相反するもののような気がしますが、私たちがお届けしたいのは「癒し」の先にある皆様の笑顔なのですから、もっともっとパワフルにがむしゃらになっていいのではないかと思ったのです。いや、こんな元気のない日本ですから、そのぐらいでやらねば人を元気にすることなんてできるわけがありません。

『私たちに溢れるほどの元気があってこそではないか。』

昨年のご挨拶で明言させていただきました新たなコンセプト「指先から想いを届けるお店」に加え、更にその指先から元気もビビビッと伝えられるように(笑)

どうぞ、これからの一年も禅ならびにスタッフ一同をどうぞよろしくお願いいたします。